スピリチュアル覚醒したアラサー女子が悟りを開いているブログ。

双子の男の子(3歳)のママです。人生を心豊かに過ごせるような『楽しめるスピリチュアル』を発信しています♪

なぜ、御線香はむやみやたらに焚くものではないのか。

こんにちは!味ぽんです。

 

今日は、「御線香」の話しです。

 

f:id:prinmarin:20210315101737j:plain

 

 

↓去年、こんなブログを書きました!

prinmarin.blog

 

あの時からずっと、

御線香は、なぜ焚く“時”を選ぶのだろうか?

と、考えていました。

 

それが先日の辛い修行期間の間にわかったのです。(=゚ω゚)ノ

 

辛い修行期間中に、

自分が何を大切にしたいのか?自分の人生で何を守っていきたいのか?

を、考えていました。

 

私が大切にしたいことは

「家族みんな笑顔で過ごす時間」です。

 

これを守る為に、これを存分に味わう為に、これを優先にして生活していきたいと思いました。

 

やりたいのに やれないこと、

やりたくないのに、やらなくてはいけないこと

生きていく上で、自分の思い通りに過ごすことは、大変難しいです。

 

色んな人と協力しなければ生きていけません。

持ちつ持たれつで“協力”していくことが大切だと思います。

 

大抵の方は、そんなの朝飯前くらいにちゃんとわかっていることだと思います。

 

 

だけど、わかっていない方もいるのです。

 

 

自分の思い通りに過ごすことが当たり前。

人の話しは一切聞かずに、自分の考えを押し通す。

都合の良いように過ごしたい気持ちで頭の中がいっぱいで、相手のことを考えることが出来ない。

自分の思い通りにならなければ、それは常識ではないと判断する、理不尽な心を持っている人もいるのです。

 

自分のせいで起きた出来事や、自分の過ちを、

全て人のせいにして考える。

 

例えその考え方になってしまうことが「病気」であったとしても、

病気だから、何やっても許される・仕方のないこと。なんてことは絶対に許されません。

 

そんな心の人は、誰一人慕うことはなく、誰もが近寄れない存在になっているのです。

 

これは、目には見えない世界でも同じです。

いくら先祖供養を頑張ろうが何しようが、守護霊と呼ばれるような、守ってくれる存在も1人もいないです。

 

そういう人のことを、“人望が無い”と言います。

 

 

以前のブログでも書いたような・・・(;^ω^)

人のせいにして物事を考える人は、絶対に神様のご加護は無いです。

 

自分のことだけしか考えてなくて

起きた出来事も全て人のせいにして考える・・・・

 

そういう人は、自分の行いを省みることがなく生きてきてしまった方なのです。

 

f:id:prinmarin:20200929150002j:plain

 

意外とね・・・いるんですよね(^^;

なるべく関わらないように過ごすしか無いですね(^^;

 

そういう人には、何を言っても話が通じませんので、そっと距離を置く方が良いですね。"(-""-)"

 

 

 

あれ?

 

話しが脱線してしまいました!!!

 

たぶん、これは必要な話だから書いたのだと思います。

 

 

「御線香」をどうしてむやみやたらに焚いてはいけないのか。

なぜ、焚く時の「時」を選ぶのか?

 

を、今回書きたかったのです!!!!

 

 

 

 

 

その答えは、

 

 

 

 

 

 

「儀式」だからです。

 

 

f:id:prinmarin:20210315103150j:plain

 

 

“御線香を焚く”ということ自体が、

日本において、“儀式”なのだそうです。

 

※儀式とは・・・(Wikipediaより参照)

儀式(ぎしき)は、特定の信仰信条宗教によって、一定の形式、ルールに基づいて人間が行う、日常生活での行為とは異なる特別な行為をいう。

 

 

確かに、言われてみると、儀式ですね(^^;

 

だからこそ、むやみやたらに焚くものでは無く、

儀式を行うという心でいなければ、魔に取り憑かれやすくなるということ。

 

 

 

御線香を焚くということが、「これは儀式なんだ」と意識していることが大切なようです。

 

焚くのは、ざっくり言うと、基本的に太陽が出ている時が良いと思います。

日中ですね(=゚ω゚)ノ

 

私は、午前中なら「尚良い」と思います。

 

夜しか焚けない!っていう時もあると思いますので、

その時は、夜に焚いてもちろん大丈夫なんです。

大切なご先祖様、家族の一員のペットの為に、手を合わせることが悪いことになることはないんです。

 

ただ、「御線香を焚く時とは、一体どこが相応しいのか?」と一番良い時を、私なりに追及したら、

お日様が出ている時間帯で、しかも「午前中」ならば尚良い!夜中はNG!

と、答えが出ました(=゚ω゚)ノ

 

・・・「真夜中」は焚かない方が良いと思います。(意味深) 

 

 

 

日々、色々と追及しているのですが

これから、香りで魔を祓うことについて更なる学びがありそうです。

 

魔を祓う「塗香」について更に追及をして

塗香については「三峯神社」の神様のご指導が入ることになりました。

 

その話についてはまた後程・・・(^◇^)♪

 

 

f:id:prinmarin:20201112144949j:plain

 

f:id:prinmarin:20201112144953j:plain