スピリチュアル覚醒したアラサー女子が悟りを開いているブログ。

日枝神社の神様のご指導の下、目には見えない世界の道理を解き明かす為、日々修行をしています。双子の男の子(2歳)のママです。人生を心豊かに過ごせるような『楽しめるスピリチュアル』を発信しています♪

新たに見えた「悟りの壺」の層②。

こんにちは!味ぽんです。

 

前回のブログの続きです。

prinmarin.blog

 

ブログを書けなかった一週間・・・

これは、私にとっての試練と言っても過言ではないくらいの出来事が起きていました。

 

この試練が、目には見えないエネルギーの世界の解明を進めました。

 

悟りの壺の解明が出来たり、ご先祖様の供養の重要性の理由がわかったり

行ったことのない神社の神様から修行つけたる(←笑)とスカウトされたり、

お稲荷さんと会話したり、

ニュースキャンの悟り的な使い方を、日枝神社の神様から教わるお告げが降りて来たり、

どうやったら、エネルギーの滞りが起きてしまうか、すべてこの短期間で悟っていました。(;^_^A

 

いやぁ~ 本当につらかった・・・

辛くて、涙したときもありました。。。

 

でもね、自分が何を一番大切にしたいかをちゃんと心に決めて、

自分自身が幸せに過ごせる方法を、しっかり考えて行動に移すことで、

ずっと解決出来なかった悩み事も、解決出来て、更なるステージに上がることが可能となるのです。

 

それを、この数日で行っていました。

・・・宇宙奥義に押されてね(^^;

 

 

めちゃめちゃ簡潔に言いますと、

旦那の母方の古い時代からのご先祖様の供養を行った後、エネルギーの滞りを解決した反動が、2か月後の今!まさに出てきて、その反動が凄まじく、何か絶対に起こるとは思っていたけど、このように出てくるとは夢にも思わなくて、対応するのが超絶大変な状況になっていた・・・というわけです(;^_^A

 

良い方向に進むための出来事なのですが、自分の度量を試されるようなとても大変な出来事でした。

 

宇宙奥義に押されているお客様からいつもお話しを伺うような、

私も同じく、想像を超越した出来事が起こりました。

そう来るかぁ?!!と度肝を抜かれました。(^^;

 

 

 

昨日、ツイッターにも記録として呟いたのですが、

 

 

この学びも、目には見えないエネルギーの世界の道理を解き明かす為に、色々と分析して悟りましたので、順番に書いていきます。( ^)o(^ )

 

これを知れば、読んだだけで色々と、読者の方が自分自身で摩訶不思議なスピリチュアルな無理難題があったとしても、解決出来るようになるのではないかと思っております。

 

 

 

本題に戻ります。

 

「悟りの壺」の下の層なのですが

 

f:id:prinmarin:20210201141146p:plain

子育て→食事→時間と来て、

その次は、ズバリ「念」だったのです。!!!!!

 

念とは、「人の想い」のことです。

 

人の気持ちや、願いの事です。

 

 

まず、自分自身の身体が動いて行動に移す前に、

心の中で、○○したいだの、○○しようだの、色々と考えると思います。

その“想い”をもとに、身体が動くのです。事が動くきっかけとなるのです。

 

男女が愛し合った先に、子供が生まれることも然り。

 

人の想いが、全ての創造なのです。

 

 

子が可愛かったら、子の為に親が行うことが、

子供の安全や生活を守ることになり、

誰かの為を想って行ったことが、その人の人生をも救うことが出来たりと、、

人の想いで、全てが成り立っているのです。

 

壺の底の底まで、「念」なのです。

 

 

ですが、

これで悟りの壺の図は完成ではなかったのです。

 

目には見えないエネルギーの世界(スピリチュアルな世界)を信じない者でも、

「子育ては大切である」と、これは誰でも理解出来ることなのです。

 

だから、壺には蓋が無く、誰でも見ることが出来る、壺の水の表面が「子育て」であったのです。

 

f:id:prinmarin:20210201141146p:plain

しかし、壺の中身は、絶対に、目には見えないエネルギーの世界を信じない者には見えないのです。

 

つまり、

 

壺の部分全てが、

目には見えないエネルギーの世界があることを「信じること」なのです!!!

f:id:prinmarin:20210201141152p:plain

これって、凄くないですか?(;^ω^)

 

信じた者だけ、中身(真実)が見えてくるということ!!!

 

この壺のイラストこそが、目には見えない世界のエネルギーの道理です。

 

 

遂に、私はここまで解明することに成功しました。

 

f:id:prinmarin:20201228224553j:plain

ここでなんとなく木を切る私のイラストの登場。

 

一見、ただの壺のイラストですが、

結構、考えさせられる図だと思います。

私は、少し怖いくらいに、考えています(^^;

 

 

ブログを書けなかった数日間、

まだまだ色々と、日枝神社の神様から教わってますので、

書いていきます。

 

このブログを読んでいる方は、私が扱うエネルギーに巻き込まれています。

あ!良い意味でね(*^-^*)

 

わかりやすく言うと、

私が台風だとしたら、台風の風の影響で動かされるのが、今ブログを読んでくださっている方なのです。

 

必ず意味があって、御縁が繋がっています。

会ったことのない方でも、私のブログを読んでいる時点で、私と御縁が繋がっているのです。

 

読者の方の、人生を彩り豊かにするためのスパイス的な存在になるブログにしたいと思っています。

どんな料理も、スパイスで更に美味しくなります。

 

スパイスだけ食べても、美味しくないのです。

 

ぜひ、読者の方の、人生のスパイスとして役立てて欲しいです。

 

スパイスは、使うときのタイミングも自分次第で行えます。

 

自分の生活が中心です。

 

目には見えない世界のスピリチュアルは、依存しては危険です。

 

私も、自分の幸せと子育てを中心にして、幸せ溢れたその余剰分で、世の為人の為になることをするようにと、日枝神社の神様から教わっています。

溢れたその余剰分で動かなければ、自分を犠牲にして動くことになってしまうからです。

 

私には、スピリチュアルを信じる心が半分、もう半分は、スピリチュアルを信じて公言しているのを恥ずかしく思う気持ちです。

サロン名と最寄り駅を公開しているのを再び非公開にしようか迷っているくらい(笑)

 

でも、

私にとってこの恥ずかしく思う気持ちが、現実世界の自分自身の生活を大事にし、スピリチュアルへの良きストッパーになっていると、日枝神社の神様には言われています。アクセルも、ブレーキもあるのです。

 

 

「こんな考え方もあるんだね!」と、視野が拡がったり、気持ちが楽になったり、プラスになる考えがあったときに参考にする程度のものでいいんです。(*^-^*)

 

第一は自分の生活や、家族の考え方が中心ですから、

絶対にスピリチュアルを第一に考えてはいけないのです。

 

何事にも盲信すぎると、必ず、心の隙を魔に取り憑かれ、人生のハンドル操作を誤ってしまいます。

 

どんなに気を付けていても、心の隙を狙って、そそのかしてくる目には見えない世界の輩がたくさんいます。

この数日間のうち、子供の発達検診で大きい病院に行ってきたのですが、ここでは、塗香と私の心の疲れの隙をついて、うちに憑いてきてしまった男性霊がいて、祓うのに3日かかりました。おかげ様で寝不足(*^-^*)ムカッ

 

日頃の体調管理、食事、睡眠がとても大切なのです。

そこが1つでも欠けていると、隙を突かれやすいです。

 

 

私が説く、スピリチュアルは、日枝神社の神様からは

「山椒」であると言われています(笑)

 

山椒は英語で、ジャパニーズペッパー。

 

魔除け効果のある、日本のスパイスです。

 

日本に住むものが、老若男女関係なく、使えるスパイスです。

 

 

ん? 何を書いているんだか(;^_^A

 

 

スパイス的な存在で、人生に役立てて欲しい!という私の考えがありますので

悟りの教典は、私の論文として出すべきだと悟りました。

 

Wikipediaより

論文(ろんぶん、英: paper)とは、学問の研究成果などのあるテーマについて論理的な手法で書き記した文章。 また、特定の研究成果についての記述ではなく、あるテーマについて論述する論文の一つの形式として小論文(レポートともいう)がある。

 

論文って、教科書ではないんです。

あくまでも、研究結果をまとめたもの!参考にするものなのです(*^-^*)!

 

この形で発表(?)すれば、自ずと役立ててもらえるものとして理解してもらえると閃きました。

 

これなら、私も気が楽!(笑)

いくつも小論文書いてもいいし、こういう考え方がありますよっていう提示になる!

 

これも、この数日間で悟りました(;^_^A

 

 

とにかく、この数日は本当に疲れましたね・・・(^^;

 

とにかく濃かったので、あった出来事を断片的にでも書き綴ってまとめたいと思います。

 

これからも、もし、ブログの更新が滞っていた場合は、

きっと何か取り組んでるな(*^-^*)と、想像してお待ちいただけると嬉しいです。

 

 

また書きます(*^-^*)♪

 

f:id:prinmarin:20201112144949j:plain

 

f:id:prinmarin:20201112144953j:plain